漢方相談をご希望の方は『お問い合わせ』メールまたはお電話(0854-52-9300)にてご連絡下さい。

漢方と言えば中国です。

日本で使用される生薬の9割は中国をはじめとするアジア諸国からのからの輸入になります。

黒竜江省中医薬大学

そのため、漢方と中国は切っても切れない関係にあります。

日本の漢方業界は、中国と友好関係にあり、毎年、交流事業として数十人単位で交換研修を行っています。私もこの交流事業に混ぜてもらい、黒竜江省中医薬大学へ研修に赴きました。

研究棟 日本語が堪能な先生から貴重な授業を受けることが出来ました。
薬用植物園

中医学、生薬の話だけでなく、日中の歴史や日本からの援助金が何に使われているかの説明もありました。

日本でいうところの幼児園

この日は日中友好とのことで地元メディアの撮影もありました。こちらの幼児園にも日本からの援助金が使われているとのことでした。熱烈歓迎でした。

授業風景を見せて頂きました。日本の子供達と何も変わりありませんね。
中医学の聖地を巡ります。
大学の先生と黒竜江省の県知事さんたちとの会食。白酒をへべれけになるまで飲まされ記憶が途切れました。
最終日も史跡巡りです。あっという間の1週間でした。

貴重な経験でした。中国では生活の中に中医学の教えをふんだんに見ることが出来ます。お茶にしても食事にしても。朝の太極拳の体操にしてもこれらを感じることが出来ます。日本には漢方という立派な伝統医学がありますが、残念ながら西洋医学の方が幅をきかせています。未病なら漢方の教えは西洋医学以上であることは間違いありませんがアピールが足りません。また、新薬の開発には莫大なお金が動きます。しかし漢方は既存の処方を用いますのでお金が動きません。商業的にも魅力がないのかもしれません。ですが様々な病気に漢方は効きます。漢方が効かないのは腕がないからです。

インド編はまたいつか報告します。

ガンジス川で出会ったサドゥー。

Verified by MonsterInsights